婦人

利益を上げるために新築アパート投資を計画的に行ないましょう

利用しやすい投資商品

紳士

みんなで大家さんは営業者が不動産の賃貸借契約を結ぶ仕組みになっています。この不動産が投資の対象になります。不動産の管理を行なうのは営業者で、100万円から気軽に投資ができるのは魅力です。現金に変えることも容易です。

詳細へ

賃貸投資に必要な経営能力

女の人

不動産投資が株の投資と違うのはリスクが小さいことと、経営のノウハウが必要なことです。株は売買のタイミングが重要ですが、不動産投資はマンションやアパートの経営能力が求められます。不動産セミナーに通って勉強するか、専門の管理会社に委託するといった方法があります。他に仕事を持っている場合は委託すべきです。

詳細へ

長期的計画で新築を選ぶ

アパート

土地や場所も重要

アパートは中古より新築の方が比較的評価が高く、家賃を新しい物件ほど高い金額に設定して集客できます。単純に建物の価値だけで考えれば中古アパートより新築アパートの方が魅力的ですが、投資する上では投資資金もそれだけ高額になります。そのため、高額な投資をする以上は長期的にその新築アパートから利益を得られるように計画する事が大事です。購入後数十年という期間で資産をアパートとして運営するには、災害のリスクや周辺環境も大切となります。なので、災害のリスクの高い土地や今後過疎化が進んで行く事が予想される場所では、長期的に安定して利益を上げるのが難しくなるので避けるべきです。また投資金と予想される利率を計算して計画を立てる時に、経年劣化による補修費用が途中で必要になる事も想定しておくと良いです。

少しでも安く購入

新築アパートに投資する時は同じアパートでも、より安い金額で購入できた方がリスクも少なくなりますし、投資を回収して後は利益を出すだけになる時期も早まります。その為割安な物件を見つける事ができれば、その後の収支は良くなりやすいです。割安な物件を見つける為には多くの不動産会社に相談して一軒でも多くの新築アパートの情報をもらい、その中から一番コストパフォーマンスに優れたアパートを選ぶ事が大切です。また住宅の購入時に補助金を出している自治体もあるので、補助金や免税の制度があれば利用する良いです。また、補助金や免税の制度はあったとしても自治体によって対象になる条件や金額が変わってくるので、購入前に確認して必要な手続きがあれば行っておくと良いです。

空室対策が重要な賃貸経営

つみき

マンション経営を順調に行うには空室の出ない物件が必要です。不動産管理会社とサブリース契約をすると空室対策になります。空室が出た場合でも管理会社が支払ってくれます。ただし空室が出やすい物件は管理会社もサブリース契約をしないのです。これからマンション経営する人はその点を考慮して物件を探す必要があります。

詳細へ